東京メトロ、銀座駅で熊本県復興支援の産直市を初開催

東京メトロ、銀座駅で熊本県復興支援の産直市を初開催

東京メトロは、2~3日に銀座駅日比谷線コンコースにおいて「熊本産直市」を開催。熊本県の復興支援を目的として、熊本県産品の販売と観光PRを実施する。

目玉商品は、熊本県が出荷量全国3位を誇るイチゴで、熊本産の新品種「ゆうべに(熊紅)」も販売。この他、「からしれんこん」や銘菓「誉の陣太鼓」など、熊本県の代表的な県産品を取り扱う。

当日は、熊本県営業部長くまモンと東京メトロ地域応援キャラクターの駅乃みちかも駆けつける。「くまモンラッピング電車」が走っている熊本電気鉄道(熊電)の定規やキーホルダーなどのオリジナルグッズも販売する。

画像提供:東京メトロ

参考記事
東京メトロ、銀座線にくまモンラッピング 熊本復興応援(2017/01/06)

 
Facebook Like!

関連記事一覧