鳥取県、全国初の「星空保全条例」制定

鳥取県、全国初の「星空保全条例」制定

鳥取県は21日、県内の星空が見える環境を保全するため、照明の使い方などを規制する「星空保全条例」を県議会で可決した。星空景観保護の目的に特化して都道府県レベルで規制する条例の制定は全国初となる。施行は来年4月の予定。

条例では、犯罪捜査や交通安全、1日を超えない期間のイベントなどを除き、特定の対象物を照らす目的がない場合は、上空を照らすサーチライトなど屋外での投光器使用を原則禁止する。また、星空が特によく見える地域を「星空保全地域」に指定し、照明器具の設置や使用に規制を設ける。違反した場合には、是正するよう勧告や命令をし、従わなければ罰則として5万円以下の過料を科すとしている。

鳥取県は、県内のどの市町村からも天の川を観測することができるほか、鳥取市さじアストロパークが「星空の見えやすさ」で何度も全国1位となるなど、天体観測の拠点として全国的な知名度を誇っている。

画像提供:鳥取県(ホームページより)

関連記事一覧